歯ぐきのケアをしないと 40代からは歯周病に注意!

40歳以降に急増する歯ぐきのトラブル

世界で最も患者数が多い感染症が「歯周病」。日本でも35歳を超えると、約8割が歯肉炎も含めた歯周病にかかっているという調査結果が出ています。注目したいのは、40歳前後の3割近く、60歳前後になると4割程度を占める軽度歯周炎。進行させて歯を失うか、くいとめられるかの分かれ道です。ここで適切なケアができるかどうかで、この先の歯と歯ぐき、ひいては体の健康が決まるのです。

40歳前後が分かれ道!
口の中の健康維持はケア次第

世界で最も患者数が多い感染症が「歯周病」。日本でも35歳を超えると、約8割が歯肉炎も含めた歯周病にかかっているという調査結果が出ています。注目したいのは、40歳前後の3割近く、60歳前後になると4割程度を占める軽度歯周炎※。進行させて歯を失うか、くいとめられるかの分かれ道です。ここで適切なケアができるかどうかで、この先の歯と歯ぐき、ひいては体の健康が決まるのです。

歯ぐきからの出血は「歯周病」のサイン

「歯ぐきが赤い」「歯をみがいたら血が出た」それは歯周病の始まりかもしれません。虫歯は歯そのものに起こる病気ですが、歯周病は歯ぐきなど歯をとりまく組織に起きる病気です。歯ぐきが赤くなったり、腫れたりする「歯肉炎」、歯ぐきから血・膿が出たり、歯を支える骨が溶け始めるなどの症状が出る「歯周炎」、その両方が歯周病と呼ばれます。

軽度の歯周病である歯肉炎は、正しい歯磨きをして、原因である歯周病菌のすみか「歯垢」を取り除くと健康な状態に回復します。しかし、歯周炎になってそのまま進行すると、歯を支える土台は弱って、歯は抜け落ちてしまいます。また、歯周病は口臭の主な原因の一つでもあります。

年代別歯周病罹患率

出典:厚生労働省「e-ヘルスネット 歯周病」(一般社団法人 日本口腔衛生学会編、平成23年歯科疾患実態調査報告、口腔保健協会, 2013.)

歯垢1gの中に約1000億個もの細菌

歯周病は数十種類もの細菌による感染症です。歯垢1gの中に約1000億個もの細菌が存在し、繁殖して毒素を出して歯肉に炎症を起こします。痛みはほぼありませんが、放っておくと歯と歯ぐきの隙間の歯周ポケットは次第に深くなり、歯周病菌の増殖にうってつけの環境をつくりだして重症化します。この感染症は、風邪やインフルエンザなどと違って完治しません。慢性感染症なので、細菌の活動を封じるには治療の継続が必要です。

また、歯周病が怖いのは、症状が口の中だけで収まらないところ。近年の研究で、歯周病菌が肥満や全身のさまざまな病気に関係することが明らかになってきています。

歯周病の図

歯周病の特徴

歯周病について、きちんと知ろう!

「歯周病」の原因